--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2010/05/13

西新(城南)九大線40T

西新(城南)九大線40T

[車号]
前段:2351
後段:7323


今日は通称『博多線』40T。

Tは「ちゅうきゅう(中休)」という意味だと思います。

(前段)
博多駅⇔福岡タワー南口
博多駅→福岡タワー南口→九大病院

(後段)
九大病院→福岡タワー南口→博多駅
博多駅⇔福岡タワー南口

前段が終わったら一旦拘束から開放されます。
そして、後段で再び出勤します。


さて、いきなり話はとびますが、

いつだったか冬だったか
今年か去年か忘れましたが、
終点博多駅で満員のお客さんを降ろしたのですが
最後のお客さんが降りる時に、

「あのさあ~、キミ、鼻息が荒いんだよねぇ~!」

と、怒っているような
呆れているような口調で
苦情?を言われたことがあります。
そのオジサンはとても神経質そうで眉間にシワを寄せながら、
でも、意外と若く年齢は45歳ぐらいかなあ~?
カミチィより少しだけ年をとっているような感じがします。
見るからに、上司にはゴマをすってぺこぺこしているの間違いナシです。
そして部下には厳しく、それゆえ絶対に嫌われ者で、
影で悪口を言われているような、
テレビドラマに出てきそうないかにも堅物な
しかも神経質なオジサン。
がいたのでした。

そして、今日。
朝一本目、福岡タワー発博多駅行き。
この便はラッシュアワーなのに中型バスってのもあって
車内は超超超超超満員でした。
薬院駅なんてすさまじすぎましたよ!
バスが四台連なってきましたが、
それでも裁ききれません。
途中、満員のため乗車不可能のため通過するバス停もありました。
ま、もっとももう車内はパンパンで乗れない状況なので、
ドアを開けてもバス停でお待ちのお客様も乗ろうとはされませんが。。
まるで東京の通勤風景!
とは違いますが、
それでもバス輸送の限界を感じました。
とにかく乗車率は200%を超えていたと思います。
東京の山手線外回りの
上野→秋葉原の車内だと思っていただければ・・
と、思います。
そんな中、やっとこさ終点の博多駅に到着。
順番にお客さんがテンポよく降りていかれます。
両替もいないし調子がいいぞ~!!
そして最後から二番目のお客さん。
何かどこかで見たことがあるなあ~!
神経質そうなオヤジだよなあ~!
と、思ったら、

おっ!

そう。。あの時の、、

『鼻息が荒いね~』と

あの笑えるような苦情を吐いていかれた、

そう。。絶対職場では部下に嫌われているに違いない、、

わ~、、あのクレーマーじゃん!

また乗ってきたのかよ。。
冗談は顔だけにしてくれよ~ったく。。

で、また何かほざいてくれるのかな?

と思ったら期待を裏切ることなく、

で、今回は何て言ったと思う??

『このバスはなんだか臭いよ!ちゃんと換気扇回してるの?』

『キミは運転が荒いね~乗り心地悪すぎだよ~』

以上の二点でした!

てっきりまた今日も

『キミは鼻息が荒いねえ~!!』

かと思ったけどそうじゃなかった。。
少し残念!
けど、
ってことは今日は鼻息は大丈夫だったのね。。


前回はこの人、クレーマーとはわからなかったんだけど、
今日のこのクレームを聞いて、
きっとこの人は毎日毎日乗ったバスの運転士に必ず一言二言、
クレームを言っているに違いない!
と思ったよ。。
しかし、きっと性格からして、
自分より弱そうな運転士にしか言えないと思うけど。

でも、今日のクレームも笑ったよ。

なんか無理やり言ってるのがひしひしと伝わってきたし。。
なんか寂しい人だな~。。なんて思ったりもして。

そしてカミチィは心の中で思った。

『頼むから○○○くれ!』



最近、カミチィのブログ、やばい?

o(`^´)θ
スポンサーサイト
pagetop
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
黒ねこ時計 くろック E01
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

カミチィ

Author:カミチィ
最近、少々『鉄』が入ってしまったN鉄バス運転士です。
コメントには記事には書けない本音があるかもです。
たまに趣味に走るかもです(^_^)
よろしくお願いします!

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。